高性能な給湯器を取り付けよう|工事はプロにお任せ

3つの給湯器

業者依頼の流れを知ろう

給湯器の修理を初めて依頼するときには何かと不安を感じるものです。しかし、事前にどのような流れで修理依頼をするのかを知っておくことで不安を解消することができます。流れを確認して早めに給湯器の修理をしてもらいましょう。

設置する前に検討すること

住宅

給湯能力や燃料などの違い

新築の場合や、付けていた給湯器が故障して新しい給湯器を取り付けたい場合に、給湯器の選定ポイントはいくつかあります。まず初めに確認する必要があるのは、必要な給湯能力がどれくらいかということです。給湯能力は号数で分けられており、1人から2人家族向けでワンルームに多い16号、2人から3人家族向けの20号、4人から5人家族向けの24号などがあります。給湯能力によって1分間にどれくらい給湯できるかが変わってしまうため、シャワーやキッチンの湯量を考えて最適な号数の給湯器を選択するのが大事です。そして、給湯器には瞬間式と貯蓄式といった沸かし方の違いや、ガスや電気などの燃料の違いなどもあります。沸かし方の違いでは、瞬間式はお湯を使う際に沸かすタイプ、貯湯式はまとめて沸かして給湯器内に貯めておくタイプです。お湯が大量に必要になる場合は、貯湯式を取り付けたほうがメリットが高くなります。種類の違いでは、ガス給湯器は一番一般的なタイプで、メーカーも多いため修理や交換もしやすいことや、瞬間式が多いためサイズも小さく、狭い場所にも置けるのが特徴です。電気給湯器は、貯湯式のためサイズが大きくなってしまいますが、深夜の安い電力を利用してお湯を沸かすため、光熱費が安くなるといったメリットがあります。給湯器を取り付ける際には、給湯能力やタイプなどをしっかり検討してから最適なものを取り付けるのがおすすめです。また、家族が増えたり、オール電化住宅にした場合など、取り付け後に状況が変わった場合は交換を考えましょう。

作業員

依頼する場合のポイント

給湯器の工事を業者に依頼する場合、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。そのチェックポイントは、工事担当者の資格の有無です。それは、給湯器の工事には国家資格が必須だからです。また、アフターサービスの内容などもチェックポイントになります。

リモコン

プロに直してもらおう

給湯器の故障では自分で直す方法と業者に依頼する方法があります。エラー表示があり、説明書を見れば簡単に直るような故障であれば自分で直しても問題ありません。しかし、水漏れや異音、ガス漏れといった状況ではすぐに業者依頼をすることが大切です。